読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

日常を綴っていきます

Ohuton Mechanics 概説

この記事はOhuton Advent Calendar - 11日目の記事です。

 

†この記事を、おふとんから逃れられぬ迷える子羊達に捧ぐ。†

 

 

おふとんとは

ーーそれは、全ての生きとし生ける者にとって、定められし業(カルマ)、逃れられぬ罪ーー

 

↓業に背くことができなかった人

 

f:id:shikugawa:20161211004922p:plain

 

季節も深まり、冬に突入しましたね。今年も残す所あと三週間です。

ところで皆さん、「おふとん」において、解明されている物理法則では解明出来ないような現象を経験したことはありませんか?私はあります。冬の寒い朝、「おふとんから出たい!出なきゃ学校に遅れてしまう!!」って思っているのにおふとんから出られず、講義に遅刻してしまうことが頻繁にあります。皆さんおそらく生まれてから少なくとも一回は、おふとんに捕らわれてしまった。という経験があるはずです。そこで僕は考えました。

 

おふとんにおいて成立する新たな物理学を定義すべきなのでは?

 

そこで、私はOhuton Mechanicsを考案しました。

 

まず、おふとん近傍では重力では説明できない不可解な現象が起こっている。と断定しましょう。おふとん近傍において成立するベクトル場を「Ohuton場」と名付けてみます。また、おふとん近傍に広がる空間を「Ohuton空間」としましょう。

 次に、Ohuton場において働く力ーOhuton吸引力ーを定義しましょう。

Ohuton場をF、Ohuton吸引力をfとします。Ohuton吸引力は、万物に等価に働きます。なぜなら、おふとんに抗える生物は存在しないからです。Ohuton場の値はおふとんの質に依存します。私の最近の研究では、Ohuton場の値は掛け布団、敷き布団、お布団内の温度等によってさまざまな影響を受けることが判明しています。Ohuton場の値は、カオス理論に基づくために、知るには計算機による数値シミュレーションが必要です。ですが、掛け布団、敷き布団等がどのように相互作用するのかはまだ現段階では分からない為に、実質的な値を求めるのは計算機を用いても不可能と言えるでしょう。

Ohuton場はこのような性質を持つために、実験からOhuton吸引力とOhuton場の関係式を導出するには、Ohutonの状態を出来るだけ一定にしなければなりません。そこで、掛け布団、敷き布団、お布団内温度等を出来るだけ一定にし、実験を行いました。その結果、なんと、f=αF という関係式を得ることができたのです。αは定数であり、おふとん係数といいます。ここから、Ohuton吸引力とOhuton場はどうやら比例関係にあることが分かります。

結論

Ohuton場の値を数値的に求めるのが現段階では不可能である。という時点で、Ohuton Mechanicsは使い物にならない物理学です。

やはり、おふとんを物理的に考察するという行為そのものが宇宙の禁忌に触れるような事柄なのかもしれません。ですから、我々迷える子羊は、神が宇宙が生まれし遥か昔より受け継いできた「おふとん」の魔力に翻弄されつつ、生を歩んでゆくのが最適解なのでしょう。

劇場版きんいろモザイク PrettyDaysを見た

劇場版きんいろモザイク PrettyDaysを見てきた。

 

あまりの素晴らしさに言葉が出ない。友情の美しさ、人間という存在の尊さ、この世の深淵、根源を垣間見た気がした。

 

自分の心の中に潜む負の感情、その全てが登場人物達の粲然とした笑顔、「きんいろモザイク」の世界そのものが放つ輝きで浄化されていくような気がした。その輝く光の色は、ちっぽけな自分が拙い日本語で表現できるようなものではないのだ。

 

ありがとう。きんいろモザイク

 

来週もまた見に行きます。

現状

前期はなんだかんだフル単で成績もまあまあだったし後期に入っても最初の方はそれなりに真面目に(一般的に見たら不真面目かもしれない)学生生活を送っていた。けど11月入って色々なことがあって精神的に疲弊してしまって、何もかもにやる気が湧いてこなくなった。適当に大学行って講義中寝るか少しプログラミングするかをして家に帰ってエ○ゲ三昧、みたいな毎日である。サークルはめちゃくちゃ楽しくてサークル活動するたびにあ~リア充してるな~って気分にはなる。

 

やる気が湧いてこないのは非常に由々しき問題で、下手したら留年とか見えてくる。更に問題なのは留年してもモラトリアムが増えるやったぜって考えてしまう自分がいるってことである。実際は留年すると主に学費的な面で親に迷惑がかかってしまうので留年とかは避けたい。

 

大学ってやっぱり思ってたよりもずっと自由なんですよ。幸か不幸か、理系は出席が成績に加味されない科目が多いので講義なんて出る必要ない。でもずっと講義をサボってるとどうしてもサボり癖がついてしまって出なきゃいけない講義も出る気がなくなってしまう。精神力が弱いとどうしても楽な方楽な方へと逃げてしまうってわけ。でも逃げ続けてたら留年とかがありえない話じゃなくなってくるので結局、自制心が必要なんですね。特に自分なんか一人暮らしだからやりたい放題。

 

普通の高校とか(特に自分の母校)ってなんだかんだで生徒を管理してくれるから真面目にやりたくなくても真面目にやらざるを得ない。自分はそんな環境で育ってきたからやっぱり一気に自由になるとどうしても緩んでしまう。

 

大学はいって半年以上立ってからこんなこと言ってる時点で非常にアレなんだけどやっぱ生活に慣れないと見えてこないものってある。

 

11月入ってからの自分はもはや機械人形みたいな状態で大学行く意味すらなにも感じてないレベルで酷いから心機一転していこうと思う。

 

本当に心機一転しないとおしまいになる......

*1

*1:とりあえず現状を整理したくてブログにまとめてみた次第です

万年筆がすごくいい

きっかけは知り合いにTwitterで「万年筆を使うとQOLが上がる」って言われたことだった。

 

物は試しと思い、1500円位の安価な万年筆を新宿の某所で買った。

初めて万年筆で文字を書いたとき、私は衝撃を受けた。

 

「これはヤバイww(小並感)」

 

これはもちろん良い意味での衝撃である。

 

万年筆を使ってみて最初に感じたのは書き味のヌルヌル感であった。

ボールペンやシャープペンを使っている時、どうしても拭いきれなかったのがペン先が紙に引っかかる感覚である。だが、万年筆はその引っかかりが完全に解消されている。

 

また、万年筆は自重で文字を書けるため、文字を書く時に力が要らないのだ。

私は比較的筆圧が強く、シャープペンを使っている時に力を入れすぎて腕が疲れてしまうということがよくあった。万年筆は力を入れて文字を書くとペン先が潰れてしまうので力をセーブして使わなければならない。万年筆を使い始めたお陰で、文字を書く時に力を入れすぎてしまう癖が取れたのだ!!

これは本当に画期的である。万年筆のお陰で紙に文字を書くのが苦痛ではなくなった。世紀の発明品である。お陰でより高い万年筆を更に買ってしまった。

受験勉強の時に万年筆に出会っていれば勉強の質を上げられたかもしれないと考えると少し悲しい気持ちになってしまうけど........

 

万年筆は使い込めば使い込む程、ペン先が自分に馴染んで本来の性能を発揮し始めるらしい。だが私はまだ万年筆を使い始めて日が浅いのでその域には達していない。

 

また、万年筆はコンバーターを用いると専用のインクを吸い上げて使うことができるようになるのだが、専用のインクのビンのデザインがインテリアとしても洗練されているものが多いのである。万年筆を使わないのにインクだけを部屋に飾って鑑賞して楽しむといった人々も存在しているらしい。

 

とまあ、今回は万年筆の魅力を使い始めて日が浅い人間の視点からレビューしてみた。

皆さん是非万年筆を使って最強になろう。

秋学期

大学の方で秋学期が始まって一週間くらい経った。一限が起きれなくてつらい。(まだ秋学期始まって一回も一限授業開始前に着席できてない。)

 

大学のクソさにも慣れてきているので春よりは充実している気がする。

 

話変わるけど一年前に見た映画、ここさけのDVDがTSU○AYAで準新作になってたので借りてきて久々に見た。微妙な人間関係や情景等が生々しいくらいリアルに描写されていていて見るの三回目くらいだけど結構楽しめた。

 

ラストが賛否両論みたいだけど私はあのラスト結構好きです。秩父に行きたくなった。

 

 

江ノ島、鎌倉に行った話

18切符が余ってたので関西の実家から東京に戻る途中の寄り道として江ノ島、鎌倉に行ってきた。藤沢までJRで移動して、江ノ電で途中下車しながら観光した。

最初に江ノ島駅で降りた。とても人が多い。おまけに大荷物を抱えてた上(荷物預けれそうなロッカーが見当たらなかった)、快晴だったので非常に暑くてあまり楽しめなかった。また、あそこはカップルしかいないのでカス、一人でいっても寂しくなるだけなので一人旅にはあまりオススメできない。

 

次に降り立ったのは鎌倉高校前駅、そこになにか観光地でもあるのか?と思った読者もいるかもしれない。確かにあそこには面白い観光地はない。しかし鎌倉高校前駅は海の目の前にあるのだ。非常に旅心を掻き立てる作りになっている。関東の駅百選にも選定されているのだ。

f:id:shikugawa:20160911111423j:plain

そしてもう一つ、あそこには「例の踏切」があるのだ。例の踏切、そう、様々なアニメやゲームの映像内で使われている例の有名な踏切だ。

f:id:shikugawa:20160911111709j:plain

海を臨む踏切ということで非常に絵になっており、アニメやゲームの映像で多く使われるのも無理は無いような絶景になっている。江ノ電で旅をするなら是非鎌倉高校駅前の踏切を見ていくことをオススメする。

 

最後に終点、鎌倉駅で降りた。鎌倉は世界的に有名な観光地になっており、行ったことある人は多いだろう。様々な店が立ち並んでおり、店をひやかしながら通りを歩いて行くだけでも楽しめる。しかしここもカップルばっかでイライラする。

鎌倉の目玉スポットは鶴岡八幡宮だ。鎌倉幕府初代将軍、源頼朝縁の地としてよく知られている。が、自分からしたら何の変哲もない神社に思える。

朱塗りの門が綺麗である。(小並感)

f:id:shikugawa:20160911113005j:plain

 

江ノ島、鎌倉は関東に住んでいる人なら一度は行くべき観光地だと思う。だが、

孤独に耐性がある人を除いて一人で行くのはオススメできない。なぜなら、カップルだらけだからだ!

もし行きたいのなら是非友人や恋人を誘って行くべきである。

君の名は。を見た話

君の名は。を見てきた。レイトショーで行ったにも関わらず席がほぼ満席だったのでヒットを実感した。

 

f:id:shikugawa:20160904202645j:plain

 

自分は過去の新海誠作品は一通り見てきたが、今作は今までと違って大衆ウケを意識して作られてるなって感じた。秒速五センチメートルとか見たことある人だったら顕著な違いを感じることができると思う。

おおまかな感想

結論から言うと作画、ストーリー、演出どれをとっても非常に良くできていた。

大まかな設定としては二人の全く面識のない男女の中身が入れ替わってあれこれするというもので、似たような作品が既に存在していそうだが、この作品の場合はそのよくありそうな設定からのストーリーの展開がとてもうまくできていた。ちりばめられていた伏線も最終的に綺麗に回収されており、脚本家の力量を実感することが出来た。作画も美麗で、実写では表現できないアニメーションならではの良さがしっかりと引き立てられていたように思う。

 

自分はまだ一回しか見てないがあと二回は劇場で見たいと思うし、円盤も発売されたら買いたいと思う。それほどの出来だった。話題作なので見た人も多いと思うが、見たことない人は是非とも見るべきである。