雑記帳

日常を綴っていきます

万年筆がすごくいい

きっかけは知り合いにTwitterで「万年筆を使うとQOLが上がる」って言われたことだった。

 

物は試しと思い、1500円位の安価な万年筆を新宿の某所で買った。

初めて万年筆で文字を書いたとき、私は衝撃を受けた。

 

「これはヤバイww(小並感)」

 

これはもちろん良い意味での衝撃である。

 

万年筆を使ってみて最初に感じたのは書き味のヌルヌル感であった。

ボールペンやシャープペンを使っている時、どうしても拭いきれなかったのがペン先が紙に引っかかる感覚である。だが、万年筆はその引っかかりが完全に解消されている。

 

また、万年筆は自重で文字を書けるため、文字を書く時に力が要らないのだ。

私は比較的筆圧が強く、シャープペンを使っている時に力を入れすぎて腕が疲れてしまうということがよくあった。万年筆は力を入れて文字を書くとペン先が潰れてしまうので力をセーブして使わなければならない。万年筆を使い始めたお陰で、文字を書く時に力を入れすぎてしまう癖が取れたのだ!!

これは本当に画期的である。万年筆のお陰で紙に文字を書くのが苦痛ではなくなった。世紀の発明品である。お陰でより高い万年筆を更に買ってしまった。

受験勉強の時に万年筆に出会っていれば勉強の質を上げられたかもしれないと考えると少し悲しい気持ちになってしまうけど........

 

万年筆は使い込めば使い込む程、ペン先が自分に馴染んで本来の性能を発揮し始めるらしい。だが私はまだ万年筆を使い始めて日が浅いのでその域には達していない。

 

また、万年筆はコンバーターを用いると専用のインクを吸い上げて使うことができるようになるのだが、専用のインクのビンのデザインがインテリアとしても洗練されているものが多いのである。万年筆を使わないのにインクだけを部屋に飾って鑑賞して楽しむといった人々も存在しているらしい。

 

とまあ、今回は万年筆の魅力を使い始めて日が浅い人間の視点からレビューしてみた。

皆さん是非万年筆を使って最強になろう。