雑記帳

日常を綴っていきます

この世界の片隅にを見た話

また映画の感想です。

見よう見ようと思ってたけど結局見れないまま時間が経ってたこの世界の片隅にをようやく見てきました。もう流石に公開から時間が経ってるし終わってるかなと思ってたけど普通にやってたので安心した。

ここから感想

戦時中の日本を扱った作品でこのような題材の作品は数多くあるが、観客に負のイメージを持たせる物が多い。しかしこの作品は葛藤の中、戦時中を強く生き抜く若い女性の姿が巧みな演出とともに表現されており、観客に正のイメージを持たせるようになっていると思う。身終えた後に涙が込み上げてきた作品は久しぶりだ。

また、取材が徹底されているのだろうか、戦前や戦中の広島や呉の街並みがすごくリアルに再現されていてスクリーンを見ていると本当にその時代を生きているかのような錯覚を覚える。背景美術も徹底されていて、美しい。

同時期に上映されていた君の名は。も良い映画だと思ったが自分の中では総合的にこの映画を越えることはないだろうし、これからも越える作品はなかなか現れないのではないだろうか。