雑記帳

ポエムの掃き溜め

8/9~8/11

三日間ブログの更新が途絶えていたのですが、これは那須高原に旅行に行っていたためです。那須高原、山奥なので非常に電波が悪く、ブログはおろか、Twitterすらまともに更新出来ないような状況だったのです。とても楽しい三日間でした。今日から北海道なのですが、北海道を数日旅行してから関西に直接移動するので、次に東京の地を踏むのは二週間後くらいになりそうですね。

AOJ-ICPC

まともに競プロ出来る状況じゃなかった

読んだ本

墜落論

日本文化私感...作者の日本文化に対する考え方。日本人は自国の文化と問われれば、特定の美術、特定の建造物を思い出しがちであるが、文化なるものはこういった実際的なものではない。という事を説いている。

青春論...作者の青春論の根幹を成す、「淪落」という概念。それを若き日の宮本武蔵の生き様と絡めて説明している。

堕落論、続堕落論...日本人の古来よりの国民性を例に挙げつつ、堕落を説く。人間は堕落する。万物は堕落する。

恋愛論...作者の恋愛観を説く、恋愛論を説く文章に於いては、精神と肉体の関係性を含むことが多いが、この文章もその例に漏れない。人間は理性を持つが故に肉体、つまり本能的な物を厭う傾向にあるが、精神が肉体を裏切るのと同様に、肉体も精神を裏切っているのだ。両者は曖昧なものである。

メタプログラミングRuby

 

メタプログラミングRuby 第2版

メタプログラミングRuby 第2版

 

私は本書を一回読んだことがあるのだが、自分がまだRubyを詳細に理解していないと感じることが多くあるために読み直すを事を決意した。本書はRubyの難解な概念から動的ディスパッチやゴーストメソッドと言った黒魔術を網羅している。個人的には所謂名著だと言えるものだ。Rubyに慣れており、Rubyを業務で用いているが、さらに自分のRubyプログラミングを発展させたいエンジニアにはとても適切な本だと思う。

8/7

今日は暑くて曇ってるので引きこもってた。家でゲームしたり開発したりそれくらいしかしてない。台風接近ということで講義休講か?なんて思っていたけどもう夏休みに入ってた。

1日1AC

AOJ-ICPCの問題を一日一題ペースで解いていくコーナー

ICPC 得点集計ソフトウェア

一番最初の問題、まあ簡単だった。

読んだ本

気分が乗らなかったので今日は本を読んでいない。

8/6

栃木から東京に戻ってきました。とても楽しい二日間でした。一日目は足利花火大会。とても綺麗でした。花火というものは、まさに刹那的な観念を重んじる日本文化を体現したような存在だと思う。風流風流。二日目は東京に戻ってきてラーメン二郎池袋店に直行。流れで鶯谷の萩の湯で二日間の疲れを洗い流した。鶯谷の萩の湯は銭湯でありながら、スーパー銭湯クラスの設備を備えており、都内最大級の銭湯であるという謳い文句はおおよそ伊達ではない。最後に飲んだコーヒー牛乳は至高の逸品。

AtCoder Beginner Contest

夏は競技プログラミングをやってみたいなと思っており、その第一歩としてABC069に参戦してみた。今まで、大学の講義であまり慣れていない言語で競技プログラミングをやらされていたために競プロそのものが嫌いになりかけていたのだが、このように自主的に、好きな言語で問題を考えるのは結構楽しいのではないかと思った。来週からはAtCoderのコンテストに参戦していきたいと思う。

結果

A, B問題はAC, C問題は深さ優先探索で解けばいいのかな?と思って考えてたけどどうにも上手く行かず完答できず。D問題は見てない。精進が足りないと思った。

8/5

俺たちの夏が始まった.......夜空に咲く大輪の花と共に.......

って事で足利まで行って花火見てきました。最高でした。

来年も行きたい。


読んだ

墜落論、続きから

SPAJAM2017 東京B予選に出た話

実は6月の上旬に開催されたスマホアプリハッカソン、「SPAJAM2017」の予選に、友人3人と共に出場していました。

私自身はこういった開発のイベントに参加するのは初めてで、当初はアプリを完成させられるのか不安だったけどなんとか完成させることが出来ました。

こういった、「絶対に何か物を作り上げなければならない機会」は学生であるうちはそうそうないために良い刺激になったと思います。

スマホアプリハッカソンとは言っても僕はサーバーサイドエンジニアだったのでバックエンドのAPIの作成に勤しんでいました。

ここだけの話、バックエンド自体は開発開始からものの数時間で完成してしまっていたのです。これはRuby on Railsが素晴らしいおかげなんですが。

しかし私も仲間と共に徹夜作業に勤しみ、心身共に疲弊しきってしまったのですが、感無量の喜びが得られたように思います。こういった、苦労の末に何かを完成させたときの喜びは他に取って代わるものはないと言ってもいいでしょうね。有意義なイベントだったように思います。

COMPを使ってみた話

Twitterの広告とかでよく見る最近話題の完全食COMPを試してみた。

これ一杯で一食で摂取するべき理想的な栄養価を摂れるという優れものらしい。

完全食 COMP

初回のみ注文できる300円で3パックついてくるトライアルパックなるものがあったのでそれを注文した。送料が500円かかるけど次回以降つかえる500円分のポイントが付与される。

感想

まず肝心の味。公式的には豆乳味を謳っているが個人的にはあまり豆乳風味は感じられなかった。牛乳と豆乳の中間という印象。だがマイルドでかなり飲みやすい。コーヒーとかと混ぜて飲むと美味しいかも。

腹持ち

まあまあ。

手軽さ

最高。一人暮らしで夜遅く帰宅してごはん作るの面倒だったり仕事が佳境で離れられない時とかに非常に有用。専用シェイカーなるものが売ってるけど500mlペットボトルで代用出来るのでなくてもよい。

コスパ

まあまあ、一杯辺り350円くらい。そこまで安くはないけど栄養価は高いのでカップ麺なんかよりはずっと良いと思う。

総評

良い。気になる方はとりあえずトライアルパック頼んでみよう。

追記

コーヒーの粉混ぜて飲んでみた、コーヒーって感じの味になる。

あまりCOMPに頼りすぎると食という人間生活において最も重要とも言える要素の価値が薄くなってしまうように感じる。どうしてもって時だけ使おう。

大学2年生になった

なんとか進級でき、希望の学科に行くこともできて新生活に不安と期待で胸を膨らませながら、桜舞う2ヶ月ぶりのキャンパスに足を踏み入れた。

それから2週間が経過した。

学科に振り分けられたこともあり、自分が大学で学んでいる内容が将来に直結しているという意識持つことができるようになった。自分は情報系学科なので学科の友人同士で技術系の話をしたりプログラミングをしたりで毎日楽しい。自分は高校の頃からコンピューター技術を勉強していたが、1人で孤独に学んでいたためにモチベーションが上がらなかった。しかし今では周囲に意識高くコンピューター技術を学んでいる人が沢山いるので自分も俄然やる気が出る。

大学1年の頃は大学での勉強内容から得られるものが何も見出せなかったために目標を見失って大学に行かない日が続いていたのだがそういったことがなくなって安心している。