読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雑記帳

日常を綴っていきます

この世界の片隅にを見た話

また映画の感想です。

見よう見ようと思ってたけど結局見れないまま時間が経ってたこの世界の片隅にをようやく見てきました。もう流石に公開から時間が経ってるし終わってるかなと思ってたけど普通にやってたので安心した。

ここから感想

戦時中の日本を扱った作品でこのような題材の作品は数多くあるが、観客に負のイメージを持たせる物が多い。しかしこの作品は葛藤の中、戦時中を強く生き抜く若い女性の姿が巧みな演出とともに表現されており、観客に正のイメージを持たせるようになっていると思う。身終えた後に涙が込み上げてきた作品は久しぶりだ。

また、取材が徹底されているのだろうか、戦前や戦中の広島や呉の街並みがすごくリアルに再現されていてスクリーンを見ていると本当にその時代を生きているかのような錯覚を覚える。背景美術も徹底されていて、美しい。

同時期に上映されていた君の名は。も良い映画だと思ったが自分の中では総合的にこの映画を越えることはないだろうし、これからも越える作品はなかなか現れないのではないだろうか。

劇場版SAO オーディナルスケールを見た話

公開日初日に新宿のTOHOシネマズで見てきました。内容としてはARでわちゃわちゃするお話です。


・感想

戦闘シーンの作画が物凄かったし音楽も良かった。話もわりかし面白かったので総合的には良い映画だったと思う。

ご都合主義的なシーンが結構あるので所々ツッコミを入れながら見るとより楽しめると思う。というかSAO本編もそうやって楽しむみたいなとこあるよね。

この映画はフルダイブではなくARといった現代でもこれから身近になっていこうとしている技術を主軸にしたお話なのでより現実味を感じることができて楽しいのではないだろうか。(いや、どう考えてもそれはARでも無理だろって所は割とあるけどそこはフィクションだと思って楽しもう。)


個人的には「俺が2本目の剣を抜けば、立っていられる奴はいない。」ってとこが1番ツボでした。

ベンチャーのインターンの勉強会に参加してみた話

初めて勉強会というものに参加してみた。継続的インテグレーションのお話とか個人開発ではあまり使われない技術に対する知見を得ることが出来て面白かった。

自分はTravis CIとCircle CIしか聞いたことがなかったのでJeckinsとかWerckerとか知らないサービスが飛び出してきたり全く使ったことがなかったRspecの事とか(Rubyをメインで書いてるのに)出てきて知識不足を痛感した。

腰痛

ここ最近、腰痛が酷い。今年に入ってから急激に来たように思う。さまざまな理由が考えられるが、1番大きな理由は姿勢が悪かったという所だろう。私は猫背なので座った時に腰にかかる負担が大きいのだ。

5単位がかかったテスト中に腰痛がやって来て流石になんとかしないといけないと思ったので春休みに病院に行こうと思う。

0と1の織りなす世界の中心で愛を叫ぶ

この記事はみす51代 アドベントカレンダー6日目の記事です。

 

「好き」という言葉は極めて曖昧なものであり、それは非常に複雑な人間の心理に基いて成立する感情である。

君たちは誰かを好きになったことはあるだろうか。

おそらく、誰かを好きになった経験がない人間はいないだろう。

では、君たちは誰かを愛したことがあるだろうか。

おそらく、大半の人間が誰かを愛したことがあるだろう。

「愛」ってなんだろう?「愛」も「好き」と同様に様々な意味合いを持つ。私個人の見解では、「好き」は「愛」に基いて成立する感情だと考える。

愛は様々な感情の根源になっている。他人を慈しむ感情、愛しいと思う感情、勿論恋愛感情も愛に基いて成立する感情だ。恋愛感情とは簡単に言うならば、性欲を伴う愛と言えるのかもしれない。

例えば、このような愛が作り出す恋愛感情から、付き合う、結婚する、といった行為が発生することもある。

では、愛の正体ってなんだろう?

私は、愛とは極めて純粋な、混じりけのない人間の根源的な感情なのではないかと思うのだ。そして、人一人の持つ愛は、時に全人類よりも優先されるであろう、計り知れないものだ。

 

未熟な愛は言う、「愛してるよ、君が必要だから。」と。成熟した愛は言う、「君が必要だよ、愛してるから。」と    ー エーリッヒ・ゼーリヒマン・フロム ー

 

このような言葉がある。この言葉は、真実の愛は愛という極めて純粋な感情によって成立しているという事を示しているように思うのだ。

 

さて、クリスマスも近いので、今回の記事では、一人の一般的オタク男子大学生が愛、特に恋愛について語ろうと思う。(オタクは愛について語りがち)

 

貴方は恋愛感情を抱いたことがあるだろうか?

小学生時代、隣の席の異性に落ちた消しゴムを拾ってもらったことで今まで経験したことのない恋愛感情というものを実感したことのある人もいるだろう。

中学生時代、いつも一緒に下校する異性の友人に対して、「友人としての好き」と違った感情を抱いて恋愛感情を実感した人もいるだろう。

高校生時代、オタク向けアニメの美少女キャラクターに対して、他のキャラクターとは異なった感情を抱いて恋愛感情を実感した人もいるだろう。

恋愛感情を持つきっかけはこのように多岐に渡るが、恋愛感情を抱くに至った明確な日付、時間を正確に把握している人は少ないのではないだろうか?恋愛感情とは、様々なイベントを通して、除々に組み上げていく、いわば建造物のようなものだ。もちろん、恋愛感情とは建造物のようなものであるが故に、外的刺激によって崩れ去ることもある。そして、付き合う、というのは、恋愛感情によって成立した建造物と建造物を橋で繋ぐような行為であると考える。

 

私は最近、よくこのような発言を見かけるのだ。

???「クリスマス前だし彼氏or彼女作らなきゃまずいっしょww」

???「クリスマス前だし彼氏or彼女欲しい〜〜ww」

 

私はこのような発言に対して以下のような感想を抱く。

「は?」

このような発言は、恋愛感情を冒涜しているように思える。恋愛感情とは、時間をかけて除々に育んで行き、積み上げていくようなものであると考えている私にとって、このような発言は非常に耳障りだ。

誰かと付き合うという事は、互いの恋愛感情に基いて成立しなければならない。それなのに、恋愛感情もなく、体裁の為だけにパートナーを求めるというのは非常におこがましい。誰かと付き合う、という事は、恋愛感情以外の感情によって成立してはいけないと思うのだ。お互い付き合っているという関係は休日にデートと称してお出かけをするような関係ではなく、互いを生涯のパートナーとして考えているというような関係でなければならない。恐らく、その辺りの大学生カップルにおいて、互いを生涯のパートナーとして考えているというような関係を築いているようなものは少ないだろう。

その辺りの大学生カップルが成立した要因となった感情は、きっと純粋な愛という感情に基づく恋愛感情ではない。欲望、体裁、このような汚い感情によって構築された「恋愛感情に見える何か」だろう。

純粋な愛によって成立したカップルは恐らく別れるということがないように思う。何故なら、彼らは愛という純粋で根源的な感情をルーツとする恋愛感情によって強固に結びついているからだ。

世間の大学生は簡単に付き合ったり別れたりしているが、そのような行為は遊びにすぎない。いわゆる「ウェイ」と呼ばれる、外から見れば青春に見える汚れた時期を謳歌している人々は、所詮、恋愛ごっこをしているだけだ。しかし、彼らもいずれは学習し、本当の生涯のパートナーを見つけていくことになるのだろう。しかし、稀に恋愛ごっこをやめられず、家庭内暴力等、悲惨な生活を歩むことになる者も存在している。 

好きでもない人に告白されて、渋々付き合うことになった、という話をよく聞く。この状態においては恋愛感情の建造物は片方が極端に高いが、片方は極端に低い。非常にアンバランスだ。付き合うことで、恋愛感情に橋渡しをしつつ、極端に低い方の建造物を高めていったとしても、高い所と低い所の橋渡しをしているような状態であるが為に、崩れ去ってしまう確率が高いように思う。もちろん、紆余曲折を経て建造物の高さが同等になり、橋渡しも崩れ去ること無く上手く行く場合もあるだろう。

創作物における恋愛が何故尊いのだろうか?(一部の例外を除く)

それは恐らく、共にイベントをこなし、心理的な距離を段階を踏んで近づけ、最終的に結ばれているからだ。

 

結局、私が何を言いたいのかというと欲求に任せて恋愛をするのは避けるべきであるという事だ。恋愛感情は三大欲求の一つ、性欲に基づく感情であると先程述べたが性欲ばかりが肥大化してしまうとそれは動物園の猿と変わらない。人間はその卓越した頭脳で欲求を様々な理性的感情で彩ることができる。

私達は幸い人間という生き物に生まれたのだ、だから人間らしい美しい恋愛をしていこうではないか?

引きこもって世界を俯瞰しよう

この記事はみす51代 Advent Calendar 18日目の記事です。

 

当初は私的な恋愛論を出す予定だったのですが深夜テンションで記事を書き上げたというのもあり、非常にこっ恥ずかしい記事になってしまい、出すことが出来ませんでした。楽しみにしてくれていた方々には誠に申し訳ございません。もしかしたらクリスマスの時期にひっそり公開するかも.......

第一、恋愛について語るオタクが気持ち悪いのはア・プリオリに自明なのである。オタクは恋愛すんな。

⬇ 理想的なオタクの図

f:id:shikugawa:20161217212241p:plain

f:id:shikugawa:20161217212303j:plain

 

 

さて、みなさん、引きこもってますか?

人間誰でも寒い冬は引きこもりになりがちです。動物たちが冬眠を始めるように、人間だって冬眠を始めたいのです。冬も深まっていくこの時期。今回は、引きこもりが捗る必須アイテムを紹介したいと思います。

アイテム一覧

・パソコン

これがなければ何も始まりません。引きこもりはずっと家にいなければならないので、外界の情報を得るための何らかの手段が必要です。その手段として最も有用なのがインターネット!インターネットを利用するにはパソコンが必要です。パソコンはきっと引きこもり中のあなたと世界を繋ぐ門になりうるでしょう。自分だけの知性の泉たる自室でインターネットを用いて世界を俯瞰し、牛耳ってみたくはありませんか?

・おふとん

これは貴方の引きこもりライフを加速させていく上でもっとも重要な役割を果たすでしょう。優れたおふとんは貴方に母なる温もりを与え、人の体温程度に温まったおふとんに取り込まれた貴方はきっと、生前の母親の子宮の温もりを感じることができるでしょう。おふとんとパソコンを組み合わせることで貴方の引きこもりレベルは指数関数的上昇を遂げるでしょう。

スマホ

これは、必須アイテムではないですが、あれば引きこもりレベルアップ間違い無し!そのコンパクトでスタイリッシュなボディーは貴方自身の体をお布団に収束させるでしょう。機能はパソコンとほぼ同等ながら、おふとんの中でさえ世界と繋がることが出来るようになります。

Amazon

やはり、人間は生活していく上で必須となる物があります。食料や生活必需品ですね。このようなアイテムを手に入れるにあたって、貴方は「外出」をしなければなりません。「外出」は引きこもりと全く対局となりうる存在であり、「外出」を行ってしまった貴方は禁忌に背くも同然です。しかし、この高度情報化社会は「ネットショッピング」なる魔の道具を生み出しました。ネットショッピングにおいて最も使い勝手の良い物、それがAmazonです。これがあれば、もう貴方は「外出」をしなくても生きる上で必須となるアイテムを手に入れることができるようになるのです。最近ではAmazon Prime Nowと言う、世界中に散らばる引きこもりニストの為に開発されたようなサービスがAmazonにはあります。このサービスは日本国内においてまだまだ対応エリアが限られているものの、貴方が対応エリア内に住んでおり、またAmazonプライム会員であるならば、無料で注文した物が二時間程度で届くのです。これこそまさに文明の産物と言えるのではないでしょうか?

・本

やはり引きこもる上で本は必要不可欠な存在です。引きこもりはモニターに向かってばかりでブルーライトの猛攻を喰らいがち。引きこもりたる者、全力で引きこもる為には目を健康に保つべきです。(ブルーライトカットという手もありますが)

たまにはモニターから離れて、古より文化の伝道師たる書籍と向かい合い、思索に耽ってみてはいかがでしょう?きっと貴方は他の引きこもりとは一線を画する引きこもりになれること間違いなし!

 

いかがでしたか?これだけのものがあれば、貴方も引きこもりになることが出来るのです。必須アイテムは全て、現代人にとって当たり前のものばかり。今年の冬ぐらいは、仕事や学校を忘れて家に引きこもってみてはいかがでしょうか。